スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRIDAY THE 13th - 金網GIG -

・どすこい本日
金網ナイトに参加、というか参戦!笑
20151216220423c99.jpg

・金網ナイトと言うことで
本当にステージに金網が張ってあってびっくり笑
スタッフの皆さん、設営お疲れ様です…(敬礼
201512162159217e1.jpg

20151216215933175.jpg

・歴史の生き証人は語る
榎本先生曰く、その昔のパンク、ロックなライブでは
こうして金網を張って出演者とお客さんが文字通りぶつかり合う行いがあったとか。

・フェティッシュファッションが美しいお三方
VELVET WORMは9月のダークキャッスルにて熱いステージを繰り広げた、
W.O.R.MのベースのJUNKさんが並行してご活動しているバンドです。
全員フェティッシュな装いがとても美しく、
そして久々にやっぱりフェティッシュファッション良いなあ!素晴らしい!
と感じさせられました。
ところてん!笑

・出演者もお客さんも熱いぞBAAL!
BAALではスタートからMyさんとKsちゃんが大暴れ爆笑
金網がこの日初めて大きく揺れたのではないでしょうか
ライブ中、KsちゃんがBAALへの愛は高みへ届く!との如く、
金網の一番上まで登ってステージにいるBAALのお三方へピースサイン。

ライブ前は
「フェンスに登るのは流石に背骨の古傷に響きそうなので、
私は遠慮しておきます(^^;)」
と言っていた私でしたがいざ始まると、
「日頃の鍛練の成果を今出さずにいつ出すんだーッ」
と、鍛練で培った力を発揮すべく、よじ登って拳をあげるあげる笑

ライブの後は皆でドリンクカウンターに並びました笑
鍛練(?)後の水分補給は大切!笑

・ブラックメタラーの血が騒ぐ
ブラックメタルバンド「APOLOGIST」の出番では、
ステージの練習音からブラックメタルの空気を感じ取ったのか
Ksちゃんが「ブラックメタル!?(大変発音がなめらか笑)」と反応。

・俺が合図したら皆でAマークを作ってくれ、練習だ→その後
ライブ中のAマークの練習は一体何の"フリ"だったのか…
いつ合図が来るのかずっと構えておりました笑

・鉄パイプを見て追憶にふける会社員
鉄パイプ二刀流を振り回すREEZIさんのお姿から、
ふと中学時代の剣道部にて他校の先生で二刀流の先生がいたな、と
全く関係ないことを思い出した会社員がいるらしい。

・大将DEMONS戦
DEMONSでは底力を見せて、何とか一番上まで登れました!爆笑
途中でBAALのu-tarouさんも金網登りに参加。笑
正に大混戦笑


・この日はライブというより…
この日はライブを見に行くというより完全に鍛練、
否、池袋手刀プレゼンツ大運動会でした笑


・この日のコーデ
20151216215945ce6.jpg
ギャリソンキャップ、肩章付きナポレオンジャケット、合皮ループコルセット、
ループカーディガン、ハトメベルト付きハーフパンツ…Na+H
久々ミリタリーコーデ

金網ナイトと言う戦には、ゴシックやロリィタで着飾るよりも
こうしたミリタリーの装いはぴったりだったのではないでしょうか♪
スポンサーサイト

"the mirrors and the moonlight vol.6"

・今日はこちらのライブへ
dummy-xDとSPEECIESのライブを見に池袋CHOPへ
1107kokuban.jpg


・今回のコーデ
Meさんとサイバー合わせということで、今年二回目のサイバーファッション
151107.jpg

151107a.jpg
編み上げツノカチュ…リリコラム
ゴーグル、ヘアピース…ルームエイチ
ベルトボレロ、合皮ワンピース、ネットカットソー…Na+H

・プリクラ
私が赤×黒に対してMeさんは青×白でした。
めちゃくちゃ格好いいいいい
1107puri1.jpg
縦伸び機能廃止希望!笑

我々は宇宙人DA★
1107puri2.jpg

・七変化Meさん
Meさんと初めて会った時はピンクサイバー、
前回一緒に遊んだ時は黒いゴシック&ロリィタでしたので
会う度に違う装いで目新しく、そしてとても楽しいです。

・ライブ前から我々はエンジン全開
ライブ前にワッショイワッショイと騒ぎ、
おいおい本番(SPEECIESのステージ)までにまで体力持つのかとなりましたが
楽しいので何ら問題なし!爆笑

・SPEECIESのライブ
Meさんの煌めく指輪がフロアを輝かせながらSEが流れ、そしてステージの幕が上がり、
ステージの中心で立っていたのはSadie社長…と思わせてChargeeeeee...さん!笑
そしてSadieさん登場!フロアは一気に大盛り上がり!

SPEECIESのリズミカルな曲に合わせて、
会場で今最もカラフルなMeさんが踊る踊る。
いや~、とても素敵。

やはりサイバーはクラブの華だなあと思いつつ、
隣にいる私も楽しい気持ちになりました♪

黒紫無双~第三夜~→BURNING SPIRITS-HALLOWEEN PARTY 2015-

一月からERROR:666のライブに行けていないままで、
リュウガさん成分不足が続いていましたが、やっと都合が付きました。
まさかあの夜を以て九ヶ月も不参加が続くとは誰が予想できただろうか。

やっと日照りが終わった、と思ったら
今回ご出演されるイベントが二年前に初めてERROR:666のライブを見に行ったり、
かつS.T.R.Gと出会ったライブイベントでもありました。
何とも感慨深い。。

そして同日の別会場にてBAALとHAT TRICKERSがライブするとのことでしたので、
頑張ってハシゴしてきました笑

さてさて素敵なイベントに複数参加するということで、
今年のハロウィンでの装いも手が抜けません。
151031kr.jpg
編み上げツノカチュ…リリコラム
ヘアピース、防塵マスク…ルームエイチ
合皮ナースワンピースセット、パワーネットカットソー、
SLハーネス、ガーター、合皮ボタングローブ…Na+H

今年はサイバーデビルナースでハロウィンを楽しませて頂きました。

この装いを見てmzkくんから「槍が弱そう…」と指摘され
鍛冶屋の能力を発揮して頂き(?)槍を強化してもらいました(?)
IMG_20151031_122416.jpg
左:強化前
右:強化後
攻撃力も相当上がってそうですね。

ということで改めて全体図を撮ってみると
151031.jpg
良い感じ♪
mzkくん、ありがとう。


さてさて、今年でゴシック、ロリィタを着て来年で十年目ということで
昔私が着ていたファッションを今の私が着たら一体どうなるかという興味を抱き、
六年ぶりにサイバーを再開してみました。
折角なので、これまでお休みしていたサイバーファッションも再開していこうと思います
昔着るきっかけとなったSiSeNさんのような装いにはまだまだほど遠いですが
これからもNa+Hのお洋服をメインに
色んなファッションの可能性を開拓しつつ楽しんでいけたらと思います。

また再開しようと気持ちを動かして下さったmfさんとmmさん、有難うございました。


さて巣鴨獅子王へ到着。
ライオンの絵が描かれた赤い看板がとても勇ましい。
IMG_20151031_162416.jpg

オープンまでヘアピースのチューブをむにむにしておきました。
IMG_20151031_163345.jpg
感触がたまらん。癖になる。気持ちいい。

開場して受付へ行くと、ライブハウスの装飾やスタッフさんも黒いマントをお召しだったりと
ハロウィン仕様になっていました♪
そして受付する直前にS.T.R.Gの四人に会えました。
いつもS.T.R.Gのライブではあまりがっちり着飾らないので、
今回の装いに皆さんびっくりされたり褒めて頂いたり笑
これが本来の休日の私の姿です爆笑

そのあとは、お久しぶりなリュウガさんご一行との再会!
皆さん本当にお変わりなく、(特に魔獣さん笑)
相変わらずみんな+S.T.R.Gで私の槍を使って騒ぐ騒ぐ笑


さてまずS.T.R.Gのステージをみるぞ、となり
いつもS.T.R.Gのライブでお目にかかるNrさんや他の女性のお客さんと皆で柵の前で仁王立ちしていたところ
ふと見たことある美しい女性が。。と声をかけたら4 A.D.の馨さんでした!
うおおおお馨さああああんと血圧もテンションも上昇しつつ、
Nrさんらに馨さんを紹介致しました。

今回馨さんはError:666のライブを見にいらっしゃったとのことで、
4 A.D.のメンバーであるRieuさんが以前組まれていたDespairがきっかけで
次の出番であるS.T.R.Gと仲良くなれたこと
、そして彼らの中にDespairが好きな方(No.9さん)がいらっしゃることを伝え
よかったらS.T.R.Gのステージを前の方でご覧になってほしいをお願い致しました。

そして幕が上がってS.T.R.Gのライブがスタート。
少々トラブルがあり、今回はギターなしでのステージでしたが
他の4人のメンバーはそれをものともせず、いつもの勇ましいステージを展開し、
フロアにいるお客さんが次々と拳を挙げたり、
先ほどまで後ろで見ていたお客さんも興味を持って前の方へと行きました。
隣を見ると、馨さんも楽しそうに拳をふりあげていらっしゃいました。

二年前去年も、その迫力から棒立ちで
かつ前でしっかり彼らのステージを見たくても圧倒されたあまりに動けませんでしたが
前へ進み、腕を上げるその一歩がとても大切で
かつ今という時間を楽しむ為の大切な行動だと感じました。

S.T.R.Gの次はERROR:666!
久方ぶりのステージながらも、新曲に関してはしっかりアルバムで予習しているのですが
ライブで聴くのは初めてなので、どう聴いたらいいかしらとも思いましたが、
そんな不安も杞憂で済み、とても楽しく聴き入ることができました♪

そしてもちろんLINEやGOD IS DEADといった、
おなじみの曲もしっかりライブでやってくださいました♪
Error:666のライブは毎回ステージの勢いで元気をもらえたり、
並びに魔獣さんのギターのデザインをチェックするのも楽しみの一つだったりします。
IMG_20151031_201024.jpg
今画像で手にされていらっしゃるギターは、
二年前でも拝見した歯のはえた斧ギターですが
その奥にある銃のデザインのギターはこの夜初めて見ました。
私が行かない間にギターの新作が沢山ある模様ですね!笑


そしてそのあとはダッシュで新宿アンチノックへ。
巣鴨から新宿へ向かうべく電車に乗って椅子に座ると、
私の左隣に吸血鬼の様な黒いロングマントを羽織った女性、
右隣にはスーパーマリオブラザーズのマリオ、
そして真正面の座席には桃太郎とジバニャンが座っていました。

か、か、仮装は仮装だけれども!汗
と脳内突っ込みしている間に新宿へ着いたので南口改札を突っ切り、
日ごろの鍛錬の成果を出すべく、新宿の街を走りました。
道行く人から「槍!!」「槍大きい!」と突っ込まれながらアンチノックへ到着。

入口にはBAALのドラムのAlanさんがいらっしゃったので
「間に合った!」とハシゴ成功を確信いたしました。
しかしながら時間的にはHAT TRICKERSが出ている時間なので、
息切れしながら階段を下りていくと、DJ千尋さんがいらっしゃったので
HAT TRICKERSや(念のため)BAALの出番はまだか確認したところ、
押している為今はCRACKSが出ているとお教えいただきました。

よろよろとフロアへ入ると、去年のハロウィン去年末のダークキャッスルでも拝聴した、
「ゾンビ♪ゾンビ♪ゾンビゾンビー♪」とCRACKSによる軽快な音楽と共に、
サイコビリーのライブには欠かせないレッキング(パンチ合戦)が行われていました笑
Tくんがもみくちゃになりながら参加していて何だか面白い爆

そこでMyさんと会い「あれ?いつから来てたー?」という話になり、
急遽ハシゴ参加ですフフフ(まだ若干息切れ)しつつレッキングの様子を見守っておりました。

CRACKSの次はHAT TRICKERS
IMG_20151031_214445.jpg
いつものこの幕も、今日という日にはとてもぴったりですね★

アンチノックのスピーカーもハロウィン仕様ということで蜘蛛の巣(綿)が張ってます♪
IMG_20151031_214450.jpg

HAT TRICKERSのライブが始まると、
テンションが最大に上がった屈強なお兄さんらに突進されましたが
やはり此処も日ごろの鍛練の成果を発揮すべく、
お腹に力を入れて低く構えて乗り切りました。
いつからライブは鍛練の成果を出す場になったのか…笑

さてハロウィンライブでのHAT TRICKERSですが、
去年同様、メンバー全員ハットなし、上下黒い服、仮面なしで黒いメイクでした。
ただ今回、ベースのキョーコさんと言ったらいつも金色の髪の毛ですが
この日は真っ黒い髪の毛で驚きました。
因みにキョーコさんのお洋服は黒い変形カットソーにレザーブラ風のハーネス(エナメル生地?)を合わせて
ボトムに細身の黒いパンツを合わせていました。

同じ黒合わせでも小物がエナメルなど光沢のある生地だと
お洋服に隠れずに着合わせられていいですね。

四ヶ月ぶりのHAT TRICKERESのライブの後は、待ちに待ったBAALの出番です!
結構押しに押していたのか、この時もう22時半を過ぎようとしていた頃でした。
BAALのライブにこの人ありなKsさんとも合流。
去年は白くてエレガントなお化けの仮装をされていましたが、今回はエクソシストの仮装とのことで
手作りの仮面をかぶっていました。不気味ながらも格好いい…!!
そして先日足を負傷したとのことで、今回のライブではモッシュに参加できないと嘆いていました。
次回こそは参加!と強く意気込んでいて、その意気なら怪我もあっという間に治るだろうなと確信笑

そしてBAALのライブが始まり、フロアもステージも熱くなり、
合皮のお洋服を着ているのとは関係なしに凄く熱くなって汗だくに。
押しもこれまでにないくらい強いですが、でも負けません!
一生懸命柵にしがみつき、BAALの轟音を全身で受け止まました。
途中u-tarouさんがフロアにダイブし、
フロアにいるの皆で受け止め、ステージへと戻しました。
その様子はu-tarouさんが普段趣味として楽しまれている、
サーフィンでのワンシーンとも思えました。

今回も鍛練でお世話になっているバンドの一つ、BAALの音楽をを楽しみ、
そして元気を頂けました。
彼らのステージはとても力強く、激しい力強さなの中に心に共鳴する何かがあります。
その何かのお陰で、仕事後の鍛練で走る際に途中で諦めずに続けられるのです。

帰り際にIkさんと、そしてこの日この日
そして記事に書きませんでしたがこの日にも続いて†13th Moon†のBONeLess.さんを発見致しました爆笑
本当もう、この方とはよく相見える機会が多いですね。
因みに決して私がストーカーしているわけではありません(宣言)

そこで気を抜けたのか、財布を落としてしまい
アンチノックのスタッフさんとBAALのMikitoさんに拾っていただきました。
最後までお騒がせ致しました核爆


どこに行っても知っている方、お話する方がいるのはいいことだなあと感じました。

そして翌日地元へ帰還し、ふと私の影を見てみると
IMG_20151031_232416.jpg
やっぱ槍、目立ちますねえ。。。笑

WEIRD TV -EKTPLAZM-

DESTRUCT SYSTEMがライブをやると聞いて、
行ってきました池袋手刀!
IMG_20151024_174708.jpg
ハロウィン月間なので、ライブハウス内がハロウィン仕様に装飾されていました。

久々のDESTRUCT SYSTEMのライブだったり
最近とっても涼しいので久々にゴージャスに着飾ってお邪魔させて頂きました。
151024.jpg

帽子…危機裸裸商店
ネックレス…VENUS ECCENTRIC
カットソー…Moi-meme-Moitie
コルセットロングスカート…ATELIER PIERROT
グローブ、合皮フリルギプス…Na+H

久々のエレガントゴシックコーデ。
因みに今回着ているMoitieの薔薇柄カットソーですが、
義務教育ではない学生時代の卒業アルバムの時に着て写真を撮ったという
なんともびっくりな思い出の一着だったりします。
減量して今の体型になってから着るのは初めてですね。
随分間があいてしまいましたが、やっとすっきり着られるようになりました苦笑

今回メイクでは唇を黒く塗り、
更に大人のゴシックスタイルを追求できたかもしれませんね。
IMG_20151024_174508.jpg
よっしゃDESTRUCT SYSTEMのライブへいくぞ!笑


最初は儡忠(ライチュウ)というバンドが出演。
幕が上がって最初に目に入ったのが、
ラッパがたくさんついたような、背の高い謎の弦楽器と、
DxUxSのライブで見たようなメタルパーカッションやギターを構えたメンバー二人があらわれました。
一体どういうライブが展開されるのか、
前もって動画でチェックしたもののこの時はそのただならぬいでたちに畏怖の念を覚えたからか
そのことも吹っ飛んでいてステージを見つめておりました。

最初はメタルパーカッションや金属片(違ったら申し訳ございません)を乱れ打ちしながらも、
ただ打っているのではなく一定のリズム、
素人ながらも何かの音を紡いでいるのが伝わってきました。
金属音といったインダストリアル、ノイズ系ミュージックがお好きな方は
私を含めて結構好みのバンドだと思います。

途中、鉄筋も打ったりと様々な金属音が会場に響いていたところ、
おもむろに金属片を切断!!!!1
飛び散る火花!そして先ほど書いた
ラッパがたくさんついたような背の高い謎の弦楽器が突然鳴り響きました。
あまりに突然の展開の連続で、驚いた文字通りひっくり返ってしまいました爆笑

名称不明の背の高い弦楽器は、
ラッパがたくさんついているということで一個だけでも大きな音なのに
いくつも鳴るのでこれまた衝撃。
いつも私はライブを見るときは耳栓をするようにしているのですが、
耳栓をつけても大きな音だと感じるくらいなので、
実際は一体どれくらいの大きな音なのか。。
とにかく視覚的にも聴覚的にも新しい衝撃を目の当たりにし、
文字にするには大変難しいくらい興味深いステージが展開されました。

この記事をご覧になっている方で、
この文が一体何が言いたいのかよくわからないと思う方は
Youtubeで「儡忠」と検索して頂きたく思います。


斬新かつ引き込まれるステージを展開した儡忠のステージの後は、
待ちに待ったDESTRUCT SYSTEMの番となりました。
日に日にステージや音楽に様々な変化を遂げるDESTRUCT SYSTEM、
四ヶ月前のステージでは新曲を引っ提げて更に進化した格好いいステージを展開していきましたが
果たして今回はどういうステージになるのかしら!
とエレガントな装いながらも内心は大騒ぎしている内に幕が上がりました。

四ヶ月前に買ったCDに入っている曲も、
今日までにしっかり聴き込み、そしてステージを拝見させて頂いて
前回CDとか前情報なしで初めてライブで聴いた時に感じた時よりは
曲の流れと言いましょうか、そういうものが分かっていても
ライブでは例えはギターのABIKOさんがどう動いてその部分を弾くとかは、
その時その時によって大きく変わるので今しかないステージ展開に見入りました。

そして今回、KOHKIさんが使用されたマイクがいつもの普通の網目のタイプのマイクではなく
ヴィンテージマイク(通称ガイコツマイク)というあたりが
「歌う」というよりも「訴える」という部分が強調されているようにも感じました。
今回ライブで歌った「INVISIBLE RAIN」の歌詞の内容としても、
その気持ちをオーディエンスへ、
そしてオーディエンスの向こうに在る何かへ歌うのでなく訴えたいという熱意、気持ちが伝わりました。


そして続いてSISTER PAUL。
何かどこかで聞いたことある名前だなと幕が上がったところ、
ベースを持った上半身裸の男性とドラムの女性のユニットと、共に立つテルミン、、って!
このお二方のステージを見たことありました!
というのも3/7の早稲田ZOMBIEでHAT TRICKERSを見に行ったとき
彼らの出番の前がSISTER PAULでした。

そして今回もあの時と同じく、ベースの男性もドラムの女性も歌うのと
男性ながらも高音の綺麗な声だったり、
ドラムを打ちながら男性と一緒に歌う女性は大変クールな低声で
そのハーモニーがまた素敵。
そしてたまに鳴るテルミンの不協和音が、
彼らの世界観を壊さずに共生しています。


今年は5月7月、そして今回と3回ほどWEIRD TVへ行きましたが
毎回出演するバンドがとても興味深い、または大好きだったりするので
今回もとても楽しい夜を過ごせました。

並びに、まさかあの時のバンドのステージをまた見れるとは!
という展開もあったので
今後もまたどのようなバンドが出演していくのかとても楽しみですね♪

有難うございました

CHAOS Χ CHANNEL vol. 2 ~LEGEND OF BAT CAVE~

mzkくんがこちらのイベントに興味があるとのことなので、
一緒に行って参りました。

さて、記事のタイトルにもあるBAT CAVEは何かと言うと
(以下DJブルータスさんの文章から引用)
1982年7月に開店されたロンドン・ソーホーのナイトクラブで、
SPECIMEN、Sex gang Children、Alien SEX Friendの3バンドを中心に運営され
グラムロックやゴスカルチャーの発信基地ともなったクラブイベント。

このゴート族とも呼ばれるゴシック愛好家の中には
ボーイジョージ、ダムドのメンバーなど多くの有名人が訪れ
ファッションデザイナーたちにも大きな影響を与えゴシック・ファッションが普及されることになる。
クリスチャン・ディオールはBAT CAVEの客からデザインのインスパイアを得ていた。
しかし、シーンの後退と共に1985年にその幕を閉じる事となる。
(引用此処まで)

ということで、ゴシックファッションの起源の一つでもあり、
80年代に存在していた伝説のクラブイベントのことで
それをテーマにしたイベントが今回のCHAOS Χ CHANNELですね。

そんなわけで今回の装いにも気合が入ります。
150920.jpg
四本ツノカチュ…リリコラム
首輪、パワーネットカットソー、キャミソール…Na+H
マーメイドスカート…alice auaa
海外のゴシックファッションはエレガントなものだけではなく
若干ハードコアな部分もあったり
パワーネットカットソーや首輪でハードな要素を演出し、
並びにマーメイドスカートで雅やかな部分を出しました。

そしてこのキャミソール、カットソー生地でもあるので
着ていてとっても楽笑

さて一ヶ月弱ぶりの高円寺CAVE。
150921_031343.jpg
夜中三時からkutaさん→千尋さん→皐月さん→TAIZOさん→ブルータスさん…と
とても楽しみなタイムテーブルでしたので、
その間は深夜の高円寺をmzkくんとお散歩することに。

途中、とてもひどい内容の話で私が爆笑してしまい、
真夜中の高円寺に私の笑い声が轟くことに。なんという不審者。

そろそろCAVE戻りましょうかねというところで、
本日ご出演を控えるTAIZOさんと、彼と話す4 A.D.のRieuさん、
そして本日のお客さんと思しき外国人の女性らと遭遇。

TAIZOさんと言えば、いつもダークキャッスルではエナメルのお洋服でハードな装いでお馴染みですが
フリルブラウスにかっちりしたジャケットというゴシック紳士スタイルでしたので、大変新鮮でした…!!
「僕5時からだけど、あと3時間空いているんだよねえ…体力大丈夫かな(^^;)」
と悲鳴に近い嘆きを漏らしていて、一同爆笑。
外国人の女性さんともお話し、
彼女も3時からのKutaさんが楽しみだと話していらっしゃいました。

そういえばkutaさん、千尋さん、皐月さん、
TAIZOさん、ブルータスさんらが揃うことはあっても5人全員が出演者ではなく
一部がDJ出演(またはバンド出演)で、他の方々はお客さんで…というケースばかりでしたが
今回5人全員がDJ出演なのでありそうでなかった組み合わせ、
正にドリームメンバーと呼んでも過言ではないですよね!

そしてちょっとお久しぶりなCARREのMTRさんとNAGさんとも遭遇。
mzkくんとNAGさんは知り合い同士でしたので
これまた珍しい組み合わせの会話が見られました笑


そうこうしていたら3時になったので、
皆でCAVEへ戻ってKutaさんらのDJを拝見しに行くことに。

さていつもイベント会場ではお馴染みでもDJをされる姿は初めて拝見するKutaさん。
ロリィタで着飾ったKutaさんながらも、流す曲はゴシックという
ジャンルの垣根を越えた素敵なDJプレイでした。
DJタイムの後にフロアで踊っていらっしゃる様子もまた可憐でしたね…v

そして千尋さんは意外にも、邦楽をメインに流していらっしゃいました。
mzkくん曰く一部聴いたことがある曲があるとのこと。
(後にEX-ANSやSODOM、Sadie Sads、Zi:kill、
MADAME EDWARDA、PHAIDIAと言ったポジティブパンクをメインに流したとのことでした)

そして皐月さん。本日も麗しい貴婦人のようでした…!
選曲の中に「BAT CAVEがテーマのイベントだし、このバンドの曲聴いてみたら」と教えてもらった曲や
†13th Moon†のViolent Calmが流れたり。
Violent Calmは冬の退勤BGMだったりします笑

そして踊りながら出番を待っていたTAIZOさん
ダークキャッスルでも耳馴染みのある曲で
漆黒の世界観を繰り広げていきました。

此処でmzkくんと私が眠気の限界に到達した為、
そろそろおいとますることに。
今回の主催であるブルータスさんと、
本日DJされた皐月さんらにご挨拶をして会場を後にしました。


帰り、とても強い眠気で二人でフラフラしながらも最寄駅へ無事到着。
途中、mzkくんがゴーストの様な出で立ちだったので写真を撮ってみました。
150921_064650.jpg
A STORE ROBOTにてお迎えしたPLASTICZOOMSのパーカーとのことです。
画像の通り顔がすっぽり隠れるくらい大きなフードで、
後ろ身頃下部にはPLASTICZOOMSのロゴがあります♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。