スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院しました。

無事に退院したMiAです。
流石に骨はまだくっついていないですが…苦笑

今回、何故こうなったかの経緯から書くと、

家に鍵を忘れた状態で家の鍵を閉められました。

梯子で二階から入ろうとする

此処までは小学生時代からよくやっているやり方でしたが、梯子が倒れました。
地面に落ちましたが、庭が土だったのが幸いで大きい怪我は背骨の圧迫骨折だけでした。
…個人的には此処からが大変でした。

・助けを呼んでも近所の人は誰も来ない
・家族が帰るまで倒れていようかと思っても、地面も風も冷たい→背中が余計に痛い

仕方ないので、携帯電話がある家の門までほふく前進と気合と根性で立ち上がって歩きました。
…高校時代の部活の練習の一つであるほふく前進の経験がちょっと役立ちました笑

そして119番。
今いる場所の住所や目印、そして私の住所と名前と生年月日を伝えました。
今いる場所の住所と私の住所、同じなのでそこもちょっと救いでした。
しかしまあなんの…痛い痛い。
orz←このポーズまんまで119番をしましたが、体勢を変えるだけでも痛いので待っている間もこのポーズで待機。
そして救急車到着。
荷物の中にある手帳のコピーが身分証明等の役に立ちました。

そして家族に電話したり搬送されていましたが…呼吸するだけでも痛かったです。
病室についた後は注射タイプの痛み止めを打ってもらいました。
痛み止めが効いて、ようやく少しだけ動けるようになった時には疲れから眠気が来て寝ました。
3日間は起き上がれなかったのでトイレは寝て済ます道具を使ったりしました。

CTやMRIなどの検査や、ファッション用ではなく医療用コルセットも初めて体験し、
(コルセットは今もつけています)
歩行器、そして今は松葉杖を使って移動できるようになりました。

着替えや歯磨きや食器を戻したり、トイレなどの普段一人でできる事が出来なくなる事の不便さや、
周りの人たちの優しさ、そして洒落にならない痛みを感じた一週間でした。

骨がくっつくのは大体三ヶ月と言われていますが、痛みが取れるのは一ヶ月くらいと言われており、
コルセットしたままなら会社に行っていいと主治医からも言われたのを会社に伝えたので、これでいい方向に進むのを祈るばかりです。

本当、健康って大切…!
お騒がせしました。

一応退院した後も、静養しつつやらなければならないことがいくつか。
その中の一つが、掛かりつけであるこころの病院を転院することになり、
次は何処に転院するか…が悩みの種ですが、焦らずに一つずつこなしていきます。


家に戻ったら、とある方から退院祝いを頂きました。
120310_163628_ed.jpg
そして携帯を見たら、内定おめでとうのメールもいくつか…。
最近、周りの人たちからの「おめでとう」「ありがとう」「がんばったね」といった言葉たちが優しすぎて、時折泣きそうになってしまいます。
こんな私でも、頑張って結果を出せるんだ…という嬉しさもあります。

さて、これから静養していかなければです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。