スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ詰め込み

まず最初に…洋服とは関係ないですが
130224a.jpg
ドーナツみたいなチョコを貰った。
小さくて可愛い笑


という訳で本題
合皮ブーツカバーのストック分が届きました。
130224b.jpg
赤い包み紙を見るとほっとしますね。
これで現役のブーツカバーを大切にし過ぎる余りに、全く使わない…なんて事もなくなる!
厳寒な季節での心強い味方です。



少し前に、Na+Hでストールをネクタイ巻にして、
スタッズ付のリストバンドをネクタイピンに見立てるコーデが紹介されていて、
本日お出かけの際に試そうとしたら、直前になってネクタイ結びを忘れてしまいました…笑
130224c.jpg
という事で、普通に巻いてリストバンドで留めてみたら、
これはこれでかっこいいですね。
流石Na+H。


そうそう、2013S/Sも発表されましたね。
「motone candy」というタイトルからワクワクが止まりません。
また何か通販しようかなー、と思っていましたが、
このコレクションでどんなお洋服が出てくるのか様子見をしつつ、
買う機会に向けて貯蓄をしておいた方がいいですね…!!
震えて待ちます笑
スポンサーサイト

女王蜂

2月22日のライブを以て活動休止をしたバンド「女王蜂」のことを、此処に書くのは初めてですね。

2年前のこの日に知ったのですが、
「モテキ」の映画内容も楽しめましたが、アヴちゃんのシーンに胸を撃ち抜かれたような衝撃を受けました。
登場シーンが短時間であっても、ずっと忘れられずに調べてファンになった方は私以外にもいると思います。

それからCDを買い集めてじっくり聴いたり、
時に普段行うランニングで「デスコ」や「バブル」等の破壊力のある曲を聴きながら走ったり、
型破リヰナにあるアヴちゃんのコラムを楽しみにしていました。

ライブは行ったことがないです。
新宿LOFTで行われた戸川純との姫様対決も行ってみたかった…。

2月22日、SHIBUYA-AXで行われた白兵戦も行けなくて残念ですが、
いつの日か復活した時、今度こそ行きたいですね。
完全体への変貌を楽しみに待っています。

また雪が降りましたね…。

近年、気候の寒暖差が極端になっているような。
四季も、春と秋が殆ど無くなって夏と冬のみになって暑いor寒いしかないと言っても過言ではないですね。

そうなると、春に着ようとしていたNa+Hのピンクとサックスのベビードールを着るタイミングを逃しそうで、考えただけで怖くて身震いが止まりません。
でも、無地だからいつ着ても気にしなくていいってことかな笑
それなら次のお休みに着てどこか行こうかな。

そういえば、前書いた合皮ブーツカバーのストック分も無事に通販で申し込めたので、これで安心して現役のブーツカバーを愛用できます。
何年もずっと気に入って穿いていますが、いつか寿命を迎えてしまう時がありますからね。。
そう思うと、シースルーボーダーレギンスもストック分も通販した方がいいかも笑

寒暖が極端だからこそ、寒すぎる今はブーツカバーの存在がありがたいです。
だからこそ、よく穿いちゃうんですけどね
普通のブーツにつけるだけでニーハイブーツに早変わり。
わざわざニーハイブーツを買わなくて良いし、靴箱の要領を考えても助かると家族に好評です笑

冥王星の日

本日は妹の誕生日。

私の妹は、私の様にゴシックやロリィタを着たりはしませんが、
2011年にあったNa+Hのチャリティリボンの際、一緒にリボンシュシュを買いました。
色選びに困りましたが、妹の彼氏さんから「チャリティだから明るい色」と提案を頂き、
赤×緑チェックのリボンシュシュをお揃いで購入いたしました。
私のお下がりでSDLのネクタイやALGONQUINSのカーディガンを着ていたりしますが、
お揃いのアイテムって後にも先にもあのリボンシュシュだけかもしれません。

生まれて来てくれて、今日も元気に過ごしてくれてありがとう。


ちょっと話は変わり、先日乗り換えでまた九段下駅を利用したので、
久々に日本武道館をこっそり撮影。
130218.jpg
この日(2/17)は、ストレイテナーと言うバンドがメジャーデビュー10周年記念のライブをしたとのこと。


あー、もう2月も後半戦ですね。
毎月15日が過ぎると一気に来月へ駆け抜けていくような。

2月16日 時の流れ

京くん、お誕生日おめでとう。

そして私は休日出勤。

学生時代、日々辛くて仕方がない中でLa:sadie'sやDirを聴きながら学校へ向かっていた私も、
今はそれらを聴きながら「さあ、今日も頑張ろう」とエンジンかけて会社へ行ける社会人になりました。
好きな音楽を聴いて、泣いていたり下を向かずに生きていける様になれたこと、その間も音楽が支えていたことに感謝。

生きていると色々あるけど、可能な限り心から笑って生きていけますように。

Child preyを聴きながら、今週最後の仕事をやっつけにいってきます。
改めて、お誕生日おめでとう。

ふと思う

とある一生懸命生きてる方と接する度に、
友達って本来こうやって支え支えられの間柄なのかな、
お互いを尊重し合う関係って、こう言うものなのかもしれない…と思えるようになりました。

たまに、一人になりたくない、寂しい気持ちに潰されたくない一心で、
合わない人達と無理に合わせて
「友達が多いから大丈夫」と自分に言い聞かせても、いつか自分が疲れてしまったら本末転倒なんじゃないかなって思うことがあります。
それが仕事の中ならまだしも、私生活まで息を詰まらせてしまわなくても良いと思ったり。
距離をとって解決出来るなら良いとしても、距離を取っても解決しないこともしばしば…。

四六時中無理する事に比べたら、友達は少なくても、一人一人と上手くやっていければ充分だと思うんですよ。

同じ趣味だから、昔からの知り合いだから、似た境遇だから…みたいに共通項があっても、合わない人は合わないですし、
そこで無理して合わせ続けて、疲れてボロボロになってしまった時、
きっかけになった趣味を嫌いになっしまったとなったら悲しいですよ。

趣味が合わなくても、知り合ってからの月日が短くても、価値観が合えば何だかんだ上手くいきますし、
ピッタリ合う所があれば時間を掛かっても分かり合えますよね。

そこを見極めるのが難しかったり、そういった方は、本当に極少数なのも事実。
でも、一人でも分かり合える人がいれば御の字なんじゃないかな。
あんまり難しく考えて頭がこんがらがって良くないですけどね笑

130214c.jpg
考えるきっかけをくださった方がプレゼントしてくれたハンカチにあるお花の様に、ふんわりして生きたいですね。

何だか説教っぽい記事になってしまったような笑

web本棚

Aboutページにある管理人プロフィールの項目に、「よく聴く音楽」を追加いたしました。
リンクを踏むとブクログのページへ飛ぶ仕組みになっていて、持っているCDを載せています。

好きな音楽でアーティスト名を挙げるとキリがなくなりそうでやってみたところ、
それはそれでキリがなくてまだ未完成の状態ですが、まったり追加していきますー。

検索しても出てこないCDがあったり、カテゴリ分けがかなり大雑把ですが、あたたかい目で見てやって下さいませ…。
まずは自分なりに大体でも管理&好きそうな音楽が伝われば良いかなと。

因みにweb本棚と言う事で、本は勿論としてゲームのソフトも登録出来るみたいです。
Amazonを経由して検索出来るらしいです。凄い。
いずれ、やってきたゲームも登録してみます笑

と言う事で、一応こちらにもブクログのリンクを貼っておきます
PC用
携帯用
今流行のスマホ用

エロイムエッサイム!

幼稚園や小学生時代にプレイしたゲームが父の影響でロマサガ3やゼノギアス、FFT等といった合併前スクウェアのソフトなら、
見てきた番組は「ゲゲゲの鬼太郎」等で有名な水木しげる先生の漫画「悪魔くん」のなMiAです。

当時、父親がレンタルビデオ屋さんから借りてきたのを一緒に見ていて、
何で映像が白黒なのかと思ったら、それもその筈、父親が子供の頃に見ていた番組だからでした笑

そんなこんなで、好きなゲームや番組が一昔前、更には幼馴染みのお姉さんの影響でゴシック&ロリィタやお化粧バンドに夢中になっていたので、
当時は話が合う同級生もいなければ周りから浮いて友達が出来ませんでした。

今はゴシック&ロリィタもテレビに取り上げて大分メジャーな存在になったり、お化粧バンドもダークなイメージから多少踏み込みやすくなったかもしれませんね。
それによる賛否両論もありますが、それが好きでいじめに発展する事も少なくなったんじゃないかと思います。

ただ、今思うと「家畜に神はいない!」とかソイレントシステムに心震わせる小学生…凄まじいですね汗


それでも今は、年上~父親と同世代の職場の先輩や上司とお話が盛り上がるきっかけになって嬉しいです。

その中で父親世代の先輩や上司と「悪魔くん」の話をした際、
全話はっきり覚えてはいませんが、悪魔くんとメフィストが怪物に食べられて怪物の消化液にアワアワするシーンや、メフィストの世代交代(正しくは役者交代)の話で一緒に懐かしめました。

当時は白黒映像、怪物の演出も現代より限られたやり方だったと思いますが、それが更に悪魔くんに出てくる怪物達の薄気味悪さを増していたと思います。
悪魔くん、また見てみたいなあ。

当時辛かった事が今は誰かと仲良くなれるきっかけになるって、改めて未来って分からないものです。
だからこそ、辛くなった時に諦めない事って大切ですよね。

さて、今週も頑張っていこーう!
先は長いからこそ、焦らず急がず力み過ぎず。
Na+Hのお洋服達を見て明日からまた頑張って行きます。

お買いもの

久々にalice auaaのドロワーズを引っ張り出した。
130209a.jpg
2007a/w『progress』のドロワーズ。
ボリューミーな裾がツボです。
ドロワーズ自体はベロア素材ですが、ウエスト周りはレースが縫われています。
130209b.jpg
全体的にスパンコールが散りばめられていて、とっても華やか。

ということで、お出かけしてきました。
130209c.jpg
ケープ、ベルベットジャケット:Na+H
ドロワーズ:alice auaa
このドロワーズ、買った当時は
「Na+Hの洋服といつかあわせてみたいなあ…きっと相性良いだろうなあ…。」と思っていたので遂に実現。
私の中ではこのベルベットのジャケットとあわせるのも夢だったので、
どちらも手に入ったり無事に組み合わせる事が出来たのでとっても嬉しいコラボです。

ケープはボタンがある部分を横や後ろにしたら、いつもと違った雰囲気が楽しめますね。

用事を済ませ、都営新宿線へ乗り換える為に九段下駅へ。
初めて行ったのは剣道的な用事だったけど、それ以降はライブでしか行っていない日本武道館の文字を久々に見ました。
130209d.jpg
因みにライブ会場としての初日本武道館は、6年前の10月24日
吉井和哉さんの「KAZUYA YOSHII GENIUS INDIAN TOUR 2007」でした。

新宿へ到着。
この辺りも、ゴシックやフェティッシュ系のイベント以外にも夜行バスの思い出が沢山。
130209e.jpg
Na+Hのお店や以前あったMoi-meme-Moitie仙台店へ遊びに行けただけでなく、
入社後に趣味が旅行である先輩とお話しする際、夜行バスの話や遊びに行った土地の情報交換が出来たりで、とても楽しくお話ができました。

何だか今日はいつも以上に懐古な気持ちに浸っているなあ笑


ということで、新宿ではマルイワンにあるかんざし屋さんで新しいかんざしを購入したかったのです。
今も仕事で使っているものの、三本ある内の一本は五年以上使っていた為にかなり歪んでしまったので隠居させました。
継続して使えるのは残り二本なので、一本一本の負担を減らす為に新しく買い足そうと思い
マルイワンのエスカレーターを上ったら…かんざし屋さんがなくなっていました。
一応オフィシャルにはお店の名前はあるのに…!?
もう一店舗心当たりがあるので、桜木町へ向かう事に。

その前に、alice auaaのお店がなくなっていると耳にしたので見に行ったら、
BABY,やPUTUMAYO等各ブランドのセールが一ヶ所にまとまって行われていました。
その中でalice auaaのお洋服もセールにかかっていました。
…長いフリンジ付きのドロワーズがとっても気になりましたが、あの長いフリンジを活かせられないと思って断念。
マルイワンを後にしました。


更に古着屋さんへ寄り道をしたら…2009s/s『wire to wrap wire』のドロワーズを購入。
これ可愛いんだよなあ…当時買い逃したので発見できて嬉しいです。
130209f.jpg
灰色に見えますが、よく見ると細かい千鳥柄です♪
130209h.jpg
ウエスト周りもしっかりレースがあります。
130209g.jpg
s/sで展開されたお洋服なので厚手の生地ではない分、夏にもふんわり可愛く穿けますね。


寄り道を済ませて今度こそ桜木町へ。
赤レンガ倉庫内にかんざし屋さんがあるとのこと。
元々赤レンガ倉庫へは寄る予定だったのですが、最初に新宿へ向かった意味って一体…。
でも、欲しかったドロワーズが買えたから良いかな笑

赤レンガ倉庫では妹の誕生日プレゼントを買いたかったので、
かんざし屋さんで相談しつつ、
昔原宿の入り組んだ場所にあった原宿店や下北沢店の話でもりあがりつつ購入。
因みに新宿店の事をお尋ねしたら、しばし経ったらリニューアルして復活するとのことです。

という事でプレゼントと一緒に自分用のかんざしも一緒に購入。
蝶々がとっても綺麗だし、黒も可愛い~。
130209i.jpg
また来週のお仕事も、かんざしで髪の毛をすっきりまとめて頑張っていこう。

今日も黒い

何故だかすごく暖かい日でした。
もっと温かくなる日を待ってタイミングを逃すと去年みたいな酷暑になりかねないので、
着れる時にしっかり着てちょいと近くまでお出かけ。

130202.jpg
ブラウス以外Na+H。
あと画像には無いけどNa+Hのフィンガーグローブもつけました。

ハーネスいいですね。
フリルの洋服とあわせると可愛さを抑えられて、着る洋服の幅が広がりそうです♪

世界の合言葉は森

五ヶ月ぶりにこのカテゴリーを更新します。
いざ振り返るとすっごい時間があきましたね苦笑

でも、今回はFFTのプレイ近況の記事ではありません。
因みにFFT、既に第三章に突入してホワイトナイトのそり立つ壁直前で止まっています。
第二章ラストの不浄王お腹パックリもしっかり拝めました。
昔から気になっているのですが、彼はご飯を食べる時、
顔にある口から食べるのか、それともお腹にある大きな口から食べるのか…謎です。

次は一騎打ちと羊毛もっさり魔人戦と言った、最後のウィーグラフ(&ベリアス)によるそり立つ壁なので、
頑張りつつも今まで出来なかった風に戦いたいなあと思って考えていたら長いこと経ってしまいました汗
ジョブも踊り子や吟遊詩人とか色々出現できましたので、彼らのアビリティを使ってベリアス戦に楽しみながら挑み、
恐怖の思い出を何とか軽やかにさせたいものです笑

ベリアスと言ったら、小学生当時は「ベアリス」と間違えて覚えてしまい、
FF7のエアリスの名前が一文字違うだけで、こんなにも変わってしまうのか…と戦々恐々としていましたが、
一人で勘違いしていただけでした。恥ずかしい。
ウィーグラフもベリアスも、大変思い出深い敵キャラです。


ええと、今回は別の記事を書きたいのに自ら話を脱線させてしまう。
現実の私もこんな感じです。そろそろこういう所を直さなきゃ。

部屋の本棚を見たら、久々に発見して一日かけて読み耽りました。
130201.jpg
サガ フロンティア2の設定資料集です。
小学生時代にお年玉全てはたいて買った本の一つ。
もう一つは勿論、ゼノギアスの設定資料集です。
表紙がエリィの…ええ、美しいけれども大変なイラストの設定資料集です。
サガフロ2のは大丈夫だとしても、もう一冊のお陰でレジへ行く勇気を出すのに時間が掛かりました。
年齢を重ねる毎に読むと理解できる部分が増えたり、読んだ後の感想が変わりましたね。
ゼノギアスのは、最近になってやっとオークションで買い直そうという気持ちに切り替わりました。
借りパク、ダメ絶対!

と過去の話はさておき、サガフロ2の設定資料集は一日かけて耽読しても全て読み終わりませんでした。
分厚いのは勿論ですが、1ページ1ページが濃い内容なので、ゆっくり読んじゃいますよね。

今ゆっくり読み返すと、ギュスターヴ(13世)が7歳の頃に行ったファイアブランドの儀式から始まった逆境、
そこから始まった試練の重さ、鋼の剣との出会い…とか色々と考え込んでしまいました。
フィリップがドラゴンとなっていなくなってしまった後も、ボロボロだったんだよなあ…。

そして赤いマフラーが目印のヨハンも、登場こそ少ないものの、背負ったものがとても大きかったキャラクター。
どのキャラクターのページも読む毎に深々と考えてしまい、結局読み終わらなかったのですが…笑
彼のページはギュスターヴみたいに2ページではなく1ページでおさまり、年表に書かれている部分はとても少ない。
でも、とっても思い入れのあるキャラクターです。

確かプレイしていた当時は小学生だったからか、
「暗殺者ヨハン」の回想シーンやユーダからの「サソリの毒がお前を殺す!」の意味を深く考えていなかった為、ヨハンが背負ったサソリの宿命の事をすっかり忘れていました。
そして6年後のイベントである「南の砦で」にてヴァンが言った「そんな弱った体で何が出来るって言うんだ。」の意味や、
ヨハンが言った「もう私には時が残されていませんから。」の意味がすぐにピンときませんでした。
(「暗殺者ヨハン」の後に、暫くギュス・ヴァン・ヨハンの三人でグールの塔へ遊びに行って、
ナハト・イェーガーなベエンダーの剣…もとい、丙子椒林剣を取ったりで楽しみ過ぎてすっかり忘れてしまったのが原因かも…)
そしてヨハンが戦うごとに「サソリの毒が回った」の表記でやっと「え、サソリ?」となっている間にもどんどんLPが減ってしまい、最後は戦闘不能になってしまいました。
プレイした方はご存じの通り、ギュスターヴ、ヨハン、
そしてギュスの元へ戻ったフリンはあっさりと死んだ「らしい」展開になってイベントが進みました。

ヨハンが登場したイベントは「暗殺者ヨハン」と「南の砦で」のみですが、
この間に六年の間隔がある中、サソリの毒に苦しみながらも殺すだけの人生から人を守る人生になって良かったな、と思います。
見比べると真逆ですよね。

自分の人生に疑問を持ち、抗った結果自分の命を縮める事となり、最期はサソリの毒からは逃れられませんでした。
でも、ヨハネからヨハンとして生まれ変わったことで、主君ギュスターヴを守る護衛としての人生を掴めました。
暗殺者だった頃には「私に、ここで敵を防げとお命じ下さい。」なんて言えなかったと思います。
そう言える自由を手に入れられたなら、幸せだっただろうなと思いました。
当時はただただ格好いいと思っていましたが、大人になったからなのか、キャラクターに感情移入してしまう事が多いです。


とまあ、主にヨハンの語りがメインになってしまいましたが、またじっくり読んで長々語りたいと思います。
体験版のメガボルト使いからすごい変わり様のグスタフの事とかね…!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。