スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carmilla's Garden-The queen of music-

DEMONOID13の元メンバーなBooさんと、
ダークキャッスルやCold CemeteryのDJでお馴染みなP.R.D.さんのユニット、DxUxSのステージを見に行って参りました。
ということで、先日のダークキャッスルの終盤で仲良くなったmzk氏と一緒に
Carmilla's Gardenへ行って参りました。

Carmilla's Garden、通称暗黒庭園と言うイベント名なので
真っ黒なコーデに…ではなく、空気を読まずに真っ白コーデで参加して参りました。
150530_190705.jpg
防塵マスク…メーカー不明
編み上げツノカチュ…リリコラム
コルセットニーハイ…abilletage
拘束ベルト、パフスリーブパワーネットカットソー、ベビードール、
合皮編み上げグローブ、白フリルチョーカー(ガーターリングとして使用)…Na+H

この格好のまま夜の新宿を歩くのはおっかいので、
現場に着くまではNa+Hの合皮ライダースを羽織りました。
150530_190808.jpg

という事で新宿へ行ってくるぞー、と向かっている最中
外にいた為気付かなかったのですが、その時とても大きい地震が起こりました。
移動中のバスの中で携帯を見て、地震があったことに気づきました。

そこでふと思ったのが電車の運行状況。
もしかして新宿に行けないのではと思って調べてみた所、
JR全線運転見合わせとの事でした。
んえーっ!!

急いでmzk氏に安否の確認の連絡を取りつつ、
JRがダメなら東京メトロ(新宿三丁目駅)は動いているか調べてみた所、
遅れつつも動いているとの事。
この際動いていれば遅れ何て気になりません。
そんな訳で新宿駅で待ち合わせの予定を、新宿三丁目駅に変更することに。

という事で副都心線直通な東横線(此方も遅れつつ運行)に飛び乗り、
その最中も直通と思いきや渋谷駅止まりに変更になり、
乗り換えの時も人混み等で駅が混乱していて、
別のホームに移動するのに何十分もかかりなんとかやっとこ新宿三丁目駅に到着。

駅の出口でmzk氏の姿を発見できた時、安堵感と疲労感が一緒に押し寄せ
「ちょーーーーーーーー疲れたッッ」と半泣きで絶叫しながら話しかけました。
何という不審者。


余り汚い言葉を書きたくはないのですが、今回だけはお許しくださいませ。
地震Fxxk!!!!
150530_235411_ed.jpg

汚い言葉を吐きましたが、新宿JAMに向かっている途中
教会の建物に大きな光る十字架がありました。
150531_003749.jpg
mzk氏は清春が好きなので黒夢の十字架との戯れ的なネタを言うのでは…と楽しみにしておりましたが、
残念ながら言いませんでした…†


そして漸く新宿JAMへ到着。
今回DxUxSでご出演されるBooさんやいつもあちこちで遭遇するTさんとで
共に現場に到着出来た事を喜び合ったり、
DxUxSのお二方と仲良しなDJさんの皐月さんが
Noise And Kissesのペンタグラムハーネスを格好よく身につけていらっしゃったので、
うおおおお格好良い私も太さ違いのものを持っていますと食いついたりして騒いでいる内に開場となり入場。


本日DJをされるWAKANAさんを発見し、0時を回って5/31となったということで
お誕生日おめでとうございますーーー!!とお祝いの言葉を伝えながらプレゼントを渡しました。
この日は女優帽のようにつば広でレースいっぱいのエレガントなお帽子、ドレッシーな装いで
今回も素敵なゴシック貴婦人なWAKANAさんでした。
私もこういう優雅な着こなしが出来る様に、今後も背中を追っていかせて頂きます★


その後はmzk氏のお知り合いかつ、
本日特別にDxUxSでメタルパーカッションをされるモチヅキマサルさんとお話を。
見た目はとてもいかつい方ですが、大変気さくな方でお話しやすかったです。
初期のDir(JEALOUSとかGARDEN、Ashの辺り)、BALZACが大好きとの事で
とてもいっぱいお話を聞かせて頂きました。
先日HAT TRICKERSとご共演されたバンドですね…!

そしていつもShrineのライブなどで遭遇するMさんとお話していたりしていたりと
今回もあちらこちらの方とお話させて頂きました。


さて、今回の流れは
DJタイム(P.R.D.)
HEADSTONE
DJタイム(WAKANA)
HIFU
DJタイム(WAKANA)
DxUxS
DJタイム(WAKANA)
REMNANT
DJタイム(P.R.D.)   でした。


今回の出演バンドであるHIFUですが、
二年前の八月に池袋CHOPで拝見したMAGIER SEXALICEのRANZEさんがボーカル
THETHEKUROの影朗さんがギター
今回のイベントの主催のREMNANTのTakmiさんがベース、
そしてemmureeやMusu BoreのTELLさんがドラムをされています。
エラい組み合わせのメンバーですね…!
そして個人的にはお久し振りなRANZEさんのステージというのもあったりで、
ワクワクが止まりませんでした。

そしてHIFUのステージが始まって曲を聴いていたら、
mzk氏が「これはバウハウスのカバー…!」
「これはThe Cureの10.15 saturday night!
待ち合わせの時に聴いていた曲なんだけど笑」
「BUCK-TICKのLove Letter!」と曲の解説をして下さいました。
何という知識の泉。
取り敢えず私は「わー格好良いなー☆」と頭がお花畑状態でしたので
いかに普段私が頭空っぽなのかが痛感させられ、恥ずかしくなりました。
BUCK-TICKのLove Letterに関してはPay money To my Painのカバーばかり聴いているからか
原曲を久しく聴いていない為に気付けなかったっていう…(白目)

周りのお客さんもとってもノリノリなのも、
mzk氏の様にこの曲が何の曲か分かっているからなんだろうなと感じました。
そんな私も役に立てたことがありまして、BUCK-TICKのJUST ONE MORE KISSが演奏されている時に
mzk氏に「この曲清春がカバーしてたよね」と情報を与えてみたり笑

ライブが終わった後は、mzk氏とThe Cure繋がりで
昔のSTIGMATAでからThe CureのロンT出てたよね的な話で盛り上がりました笑
NINE INCH NAILSのロンTも持っていたなー…。


HIFUの次は今回のお目当てのDxUxS!!
Tさんと一緒に一番前で拝見致しました。
重さ40kgのメタルパーカッションを運んでいたり、
とても大きく重そうなお立ち台やスピーカーを出してきたりと
かなり大がかりなセッティングを始め、Booさんがパソコンのセッティングが終わった辺りで
Booさん、P.R.D.さん、モチヅキマサルさんのお三方が顔も見合わせ頷きあい、
各々の準備が完了した事を伝えたと感じました。

そこからすぐにDxUxSのステージが始まりました。
何度か動画でステージの様子を拝見した事がありましたが、
やっぱり直接目にすると格好良さ、迫力が違いますね。。。!
このDxUxSの音楽ジャンルは何になるのでしょう。
デジタルハードコア、インダストリアル、ダークエレクトロ、サイバーパンクな要素が詰まっていて、
聴きながら踊りたくなるような、拳も挙げたくなるような、人によってはモッシュしたくなるような
とても聴いていて気持ちが高ぶりますね。

ずっと気になっていて見てみたかったバンドのステージなので、
やっと見れた嬉しさで凄いニタニタしながらステージのお三方を見つめつつ、
Tさんと暴れておりました笑
とても気持ち悪い客で申し訳ございません爆

DxUxSのCDや格好良いパッチもゲットできたりと
とても嬉しい&楽しい一夜でした。
k3RyL.jpg
安全ピンを仕入れ次第、通勤用のリュックに装着致します♪


皆さんお疲れ様でした、楽しい時間を有難うございました。

最後に改めましてWAKANAさん、お誕生日おめでとうございます。
今年はお誕生日に立ちあえ、お祝い出来て嬉しかったです♪
幸せな一年になる事を心から祈っておりますv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。