黒装束M。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我の功名的な

日常
  • comment-
  • trackback-
いつ、どこで、だれと、どんな風に出会えるかなんてわかりませんし
その人とどういう感じに仲良くなるかは何年生きても予想がつきません。

数年前まで、人と仲良くなってもその場限りだったり
その繋がりの脆さから積極的に人に話し掛けることは出来ませんでした。

しかしながら背骨の一件があってから
当たり前のように生きていても、その時の状況が僅かでも違っていたら命が無くなっているかもしれない事
医師から宣告を受けた通り若くして寝たきりになってしまったら今目の前にいる人とはもう話せないという思いから
人見知りなりに勇気を出して話しかける様になりました。

職場の中でも様々な人がいらっしゃいますが、外の世界には更に色んな人がいます。
自分の世界が会社や学校だけでなく、もっと他の場所へ視野を広げ、
そしてその沢山の人との出会いから学び、感謝が出来る様に生きて行けたらと思います。


若くして寝たきりの話は、今後も鍛練を続けていけば大丈夫と信じてやっていくとしても
三年前からの全ての人との出会いは、
怪我の度合いや鍛練の成果次第ではなかったかもしれないと思うと、全て奇跡だと信じております。
あの背骨の骨折を通して人との出会いによる感謝の気持ちが、
より学べたと感じております。

150711_232354.jpg
三年経つのも早いとして、一ヶ月経つのもとても早いなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。