スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'16S/S"Weapon"

去年展開されていた春夏コレクションでしたね。
よく私の周りで「着てみたいけど挑戦する機会が…」と言われているファッションジャンル
「ミリタリーゴス」のお洋服が今季は沢山出ていて、ミリタリーゴスが好きな私としても誠に嬉しかったです♪
折角ミリタリーゴスを着るならNa+Hのお洋服で揃えたい!と思っていた方も多いのではないでしょうか。

以前出ていた合皮の軍帽再販して、Na+Hでミリタリーゴスを着るなら今!という追い風の元、
これを機にミリタリーゴス人口増えてほしいなあ。。!と心から思っておりました。
(私の周辺だけかもしれませんが、ミリタリーゴス人口少ない気がします泣)

とはいえコレクション開始と共に最初に展開されたのは、フリルとレースが可愛らしいオフショルダーのベビードールでした。
コレクションスタートと共に出たお洋服がベビードールというのは、
思い返してみたらシーズンコレクションを始めた2009年('09A/W"Burlesque")から見ても今季が初めてです。
早くて開始の第一報から少しして「製作中なので予約を受け付けています」というアナウンスが出るか、
コレクション終盤にラスボスの如く展開されるか…のどちらかですね。
スタートからリーサルウェポンを出してくるとは(戦慄)


なのでコレクション名を聞いた時は「ミリタリー多発コレクション!?」となりましたが、
最初のベビードールで完全に撹乱されました。
ミリタリージャケットやハーフパンツといったミリタリーゴスなお洋服が展開されたのは、その後辺りでしたっけ笑
この時も幅広い層の心を射止めるNa+H笑

夏にさらっと着易そうなレースキャミソールが出たり、
コレクション外はコレクション外で首フリルのボレロが出たりと心落ち着く暇がありませんでした笑

あのボレロも実はほぼ似たデザインが大昔からマイナーチェンジを繰り返して販売されていまして、
最初は十数年前に出た首フリル(リボンなし)と袖ストレートのボレロ、
次に出た時はカットソー素材で上記と同じく首フリル(リボンなし)と袖ストレートのボレロ、
その次に出た時は黒と白の二色展開、首フリルのボリュームは控えめで袖口は編み上げでした(欲しい!探してます!血眼)
そしてver.4と呼びましょうか、四回目である今回は首フリルでリボンはあるタイプとないタイプがあり、
どちらも袖口にもフリルがある可憐なボレロですね。
背面の開き部分は背中に編み上げがあるお洋服(各種コルセット等)の良さを引き出す一着です★

ついついコレクション外のお洋服話にも熱を入れてしまいます笑
話を戻しますが、その後ここ近年の夏の酷暑でもミリタリーゴスが着易い半袖シャツも二色展開で出ましたね。
こういうの待っていたのですよ!!
何だかタイミングよくシャツと同色なオリーブカラーのフリルのあるボタンコルセットや
スカート風ショートパンツ(どちらも生成りカラータイプがおなじみかも)がダブルで出たりとかしましたね。
これはどちらもお迎えしろと…!?笑

そんなわけでお迎えして、去年8/26に行われたDESTRUCT SYSTEMのライブでは夏のミリタリーゴスコーデで臨みました。

サマーニットベレー、カシメネクタイ、半袖ミリタリーシャツ(オリーブ)、スカート風ショートパンツ(オリーブ)、合皮グローブ…Na+H
タリスマン…marionette piece maker


個人的にミリタリーゴスと言ったら、フリルやレースなど一切なく、クールなテイストが好きでした。
いつも合わせているNa+Hのハーフパンツやカーゴパンツ、
スカートを合わせてもの'16S/S"Weapon"にて出たタイトスカートの様な、シンプルでスマートなお洋服を合わせたいものでした。
ここまで全て過去形です笑
あのコルセット、スカート風ショーパンを見たとき、そしてそれらにループカーディガンを合わせてみたときに、
「これもアリだわ」と思いました(単純)
これまでの強いこだわりを一瞬で変える力があるから、Na+Hは恐ろしいですね爆

ミリタリーコレクションで心は豊かに、財布は大減量に成功して苦笑
来季('16A/W"Violetta")はちょっとお休みかなあ、と思ったのですが全くそんなことはございませんでしたね爆笑
それはまた別の記事にて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。